はま耳鼻咽喉科クリニック

MENU

鼻の病気・喉の病気

Medical

鼻の症状

鼻の病気

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

花粉症は、季節性アレルギー性疾患の総称で、植物の花粉が体内に侵入する事で発症するアレルギー反応です。スギとヒノキがよく知られていますが、イネやヨモギ、ブタクサなども原因となります。植物毎の特性や地域環境などによって流行する場所や時期にも違いがあります。スギなら1月以降、ヒノキなら3月以降に多く飛散します。一般的にスギ花粉症が有名ですが、ダニやほこりが原因の通年性アレルギーも多く見受けられます。似たような症状に血管運動性鼻炎があるため、まずは採血検査と鼻汁好酸球検査を行い、アレルギー性鼻炎なのか、アレルギーの原因は何なのかを調べることが重要となります。

薬物治療としては、抗ヒスタミン薬の内服やステロイドホルモン剤の鼻への噴霧などが行われます。又、長期継続治療を前提に、アレルゲン免疫療法もあります。日常生活上の対策としては、特に飛散のピーク時に於いて、眼鏡やマスクの着用、外出から帰宅した際の花粉のはたき落とし、手洗いなどの地道な作業が求められます。年々患者数は増加しています。当院では飲み薬、点鼻薬の併用による投薬治療に加えレーザー治療、症状を軽減するための舌下免疫療法が実施可能です。

急性鼻炎

急なくしゃみ、鼻水、鼻づまり、いわゆる鼻風邪です。鼻水どめや炎症を抑える内服薬などで治療をします。どろっとした黄色い鼻水の場合には細菌の感染が疑われるため抗生剤も使用します。これに加え、ネブライザー治療を行うことで、内服と同様のお薬を鼻の中に行き渡らせることが可能で、症状をより早く治すことが出来ます。

血管運動性鼻炎

くしゃみ、鼻水などのアレルギー性鼻炎に似た症状を認めますが、検査をすると明らかなアレルギーを示すものがありません。典型的にはやや高齢者で、急な気温の変化や食事時などに症状が出現するというものです。時に寒暖差アレルギーとも呼ばれます。特別に有効な治療法は確立されておらず、点鼻薬や抗アレルギー薬で対処することが多いです。

副鼻腔炎

副鼻腔と呼ばれる鼻の周辺にある器官は、上顎洞(じょうがくどう)・篩骨洞(しこつどう)・前頭洞(ぜんとうどう)・蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)と呼ばれる4つの空間からなるものです。これらの空間は鼻腔とつながっていて、せん毛の生えた粘膜で覆われています。この空間内に生じた炎症を副鼻腔炎といいます。いわゆる蓄膿症です。症状は、くさい鼻水、鼻づまり、喉に常に痰がたまる、匂いを感じにくいなどです。急性期には、粘着性の高い鼻汁、頬や鼻の周辺の痛み、顔や瞼の腫れ、発熱といった症状が認められます。これらの症状は、慢性化する事もあります。

副鼻腔炎は、鼻内視鏡やレントゲン、CTなどの画像検査などによって診断がなされます。細菌による感染が原因となる場合が多いですが、近年では喘息に伴うもの(好酸球性副鼻腔炎)、カビの感染(副鼻腔真菌症)、カビに対するアレルギーが原因のものも多く見受けられるようになりました。いわゆる蓄膿症といっても、しっかりと原因を特定しその原因にあった治療が必要になります。慢性副鼻腔炎と思っても、時に乳頭腫や癌などの腫瘍などの場合があります。
慢性化すると、通常の半分の量の抗菌薬を長期に亘って服用する、マクロライド少量長期療法や霧状の薬液を鼻や口から吸入する、ネブライザー療法が行われます。それでも治らない場合、内視鏡手術が行われる事もあります。

歯性上顎洞炎

鼻づまり、膿性の鼻汁、片側の頬の腫れ、痛みが症状となります。腫れている頬側の奥歯の虫歯などの細菌が副鼻腔に入り込んでしまった状態です。レントゲンやCTにて診断をします。副鼻腔炎といっても、虫歯が原因となっているため、抗生剤などの内服治療に加え、歯科での歯の治療(時に抜歯)が必要となります。改善が不良の場合には手術治療となります。

副鼻腔真菌症

鼻づまり、膿性の鼻汁でいわゆる蓄膿症と症状はほぼ同じです。慢性副鼻腔炎の一種とも言えます。やや高齢の女性に多い傾向にあリます。カビ(アスペルギルスが多い)が原因であるので抗生剤を内服しても改善は困難です。診断はレントゲンでも困難でCT検査で特徴的となります。根本的に治す場合には手術治療が必要となります。時に急激な感染の悪化があると言われていますが多くは症状が軽度のことがほとんどです。年齢によってはそのまま経過を観察することがあります。

好酸球性副鼻腔炎

強い鼻づまり、匂いを感じにくいという症状が多く見受けられます。また、多くは喘息、アレルギー性鼻炎を伴います。鼻の中を見ると、膿性の鼻汁というよりは鼻茸(ポリープ)が充満していることが特徴です。治療も通常の慢性副鼻腔炎のような抗生剤では改善せず、喘息同様にステロイド薬が効果を発揮します。慢性副鼻腔炎と鼻の中の状況だけならば似ているため、採血やCTによる診断が大切です。
内服のみでのコントロールが難しい時は手術治療を行いますが、非常に再発しやすいという特徴があります。

鼻血

鼻から血が出る症状を、文字通り、鼻血と言いますが、鼻の入り口の毛細血管が傷付いて起こるものです。通常は、鼻には詰め物をせず、椅子に座って顎を引き、小鼻を軽く圧迫しておけば、20分程度で出血は止まるものです。鼻の中の粘膜は弱く、毛細血管は沢山集まっているので、鼻を強くかんだり、鼻の近くに打撲があったりすると簡単に鼻血が出る事はあります。静脈からサラサラとした出血があるのが普通ですが何らかの病気が隠れている鼻血もあります。花粉やダニなどに反応するアレルギー性鼻炎、高血圧、正常な血液細胞が減少する白血病などが挙げられます。日常生活においては、鼻の中の粘膜の乾燥や、鼻を強くかむ時の強い刺激なども鼻血の原因となります。

喉の症状

喉の病気

喉の病気

扁桃腺炎

喉の奥にあるリンパ組織の集合体を扁桃腺といいます。咽頭扁桃(いんとう)・耳管扁桃(じかん)・口蓋扁桃(こうがい)・舌扁桃(ぜつ)という4つの扁桃からなり、リンパ球の生成やウィルス・細菌などの侵入を防ぐ働きをしています。この扁桃腺が何らかの原因で炎症を起こすと、扁桃腺炎となります。アデノウィルスやライノウィルスなどのウィルス感染が原因で発症する事が多いのですが、溶連菌やブドウ球菌などの細菌感染による場合もあります。

扁桃腺炎の症状は、小児と成人とで大きく異なります。未就学児童に発症しやすいのは、習慣性扁桃炎です。急性期には、発熱、悪寒、リンパ節の腫脹、関節の痛みなどが現れます。細菌による膿栓が原因で腐敗臭のような口臭が生じる事もあります。解熱剤、鎮痛剤による口腔内の保湿、細菌に対応した抗生剤治療などが一般的な治療法ですが、脱水症状が起こる場合には、補液療法などが採られる事もあります。注射による吸引や切開により膿を取り出す事、又、炎症の繰り返しや病巣感染への対応としての摘出手術が選択されるケースもあります。

急性咽頭喉頭炎

いわゆる、のど風邪の状態です。痰の状態や扁桃腺の状態などでウィルス感染か細菌感染かなどを判断して治療を行います。薬を処方する以外に、ネブライザーにて直接薬を患部に作用させることで炎症を抑え、早く辛い症状が楽になる様にします。のどの奥の炎症だと、神経が刺激されて時に耳の奥の痛みとして感じることがあります。

溶連菌感染症

小児の発熱、のどの痛みが症状です。のどの痛みの多くはウィルス性によるのど風邪ですが、細菌感染である場合、溶連菌をもっとも疑います。時に心臓の弁や腎臓に合併症を起こすことがあるため、しっかりと診断をして治療することが大事です。当院で当日わかる検査も可能です。治療は、基本的な抗生物質の内服で速やかに改善することがほとんどです。また治療後に可能であれば一度尿検査をお勧めしています。

伝染性単核球症(EBウィルス感染症)

症状は扁桃炎と同じく、のどの痛み、発熱、だるさが主だった症状となりますが、顎の下や耳の下のリンパが腫れる場合が多くあります。また、肝臓や脾臓が障害されることもあります。基本的にはウィルス感染のため、1~2週間の安静治療となりますが、のどが痛く食事ができない、肝機能の数値が極端に不良でだるくて動けないなどの症状の際には入院治療となります。

急性喉頭炎

声枯れ、のどの乾燥感、咳などが症状となります。原因はウィルス感染であることが多いため、風邪の部分症状となることが多くなります。症状を和らげるお薬を処方します。声枯れや咳がひどい時は吸入を併用します。

声帯ポリープ

症状は声枯れです。のどぼとけの裏側に声を出すための声帯があります。ここに水風船(ポリープ)が出来てしまった状態です。無理な発声を繰り返したり、喫煙などが原因となります。声の安静や内服や吸入で改善することもありますが、改善に乏しい場合には手術して取り除きます。

扁桃肥大、アデノイド肥大

口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある扁桃腺、鼻の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)が大きくなり、鼻やのどの空気の通り道を狭くしてしまった状態です。鼻づまり、滲出性中耳炎、いびき、無呼吸の原因となります。3歳ごろから大きくなり、7、8歳で空気の通り道に対し占める割合が最大となります。
滲出性中耳炎を繰り返す、ご飯が食べづらく成長が悪い、夜間呼吸が止まっているなどの症状がある場合は手術して摘出の適応となります。